artzone

Archive

舞妓の美 —花街を彩る匠の技—

2014.5/3〜25

  • maiko_banner-01-674x416-1

展覧会概要

タイトル: 舞妓の美 —花街を彩る匠の技—

会期: 2014.5/3〜25

時間: 平日 13:00〜20:00 / 土日祝 12:30〜20:00 (最終日17:00まで)

会場: ARTZONE

企画: 特定非営利活動法人 京都古布保存会 & 京都造形芸術大学アートプロデュース学科

▼企画概要
京の花街を彩る舞妓の姿。髷に花簪を飾り絢爛豪華な着物にだらりの帯を締めたそのあでやかな佇まいは「人工美の極致」と讃され、常に人々の憧れの視線を集め、絵画や映画などの題材にもとりあげられてきました。この舞妓姿を完成させるまでには、頭の先から足元に至るまで、着物や帯をはじめ、花簪や半襟・帯留などの装身具、履物など、多くの職人さんの技が結集されています。また、舞妓の日々のお勤めにも、たくさんの人の手助けが必要です。本展では花街を支える「裏方」さん達に焦点をあて、その日常や制作活動についてご紹介します。

▼主要出品資料
舞妓の装身具の制作工程や、髪結い、着付けなどの工程をパネルで解説するとともに、
実際に舞妓たちが使用している品々を展示します。
・花かんざし(金竹堂)
・舞妓髪結見本豆かつら(山中美容室)
・京丸うちわ(小丸屋住井)
・舞台小道具(小丸屋住井)
・花名刺(幾岡屋)
・つげ櫛(十三や)
・おこぼ、草履(ゝや)

▼関連イベント
2014年5月5日 13:00〜14:30
ワークショップ1「男衆の仕事」 講師: 高橋英次(男衆)
芸舞妓専門の若手着付師・高橋英次氏による舞妓の衣装に関するお話と着付けの実演。

2014年5月10日 13:00〜14:00
ギャラリートーク「京団扇と舞台小道具」 講師: 住井啓子(小丸屋住井十代目女将)
花街の夏の風物詩・京丸うちわや五花街のおどりの舞台小道具を製作する小丸屋住井の女将・住井啓子氏から、展示品の説明や花街との関わりについてお話いただきます。

2014年5月11日 13:00〜14:00
ワークショップ2「舞妓の髪型」講師: 山中惠美子(山中美容室)
芸舞妓の結髪をはじめ、葵祭や時代祭、伊勢神宮祭主のお支度のご奉仕をされている髪結師・山中惠美子氏による、舞妓の髪型についての解説と髪結いの実演。

2014年5月17日 14:00〜15:00
オープントーク「舞妓の美」 ゲスト: 宮川町の舞妓さん
宮川町の舞妓さんをゲストに迎え、花街衣装研究会のメンバー、京都造形芸術大学の学生とともに舞妓の美粧や花街の文化について考えます。

※全て事前予約不要、入場無料

 

主催: 京都造形芸術大学アートプロデュース学科、特定非営利活動法人京都古布保存会 http://www.hozonkai.org/
協力: 幾岡屋、宮川町お茶屋・河よ志、金竹堂、(株)小丸屋住井、十三や、ゝや、舞妓着付け屋花風、山中美容室
助成: 京都府文化振興局