artzone

Archive

冬木遼太郎展『PRESIDENT』

2013.11/30〜12/23

  • fuyuki_banner-01
  • rf-50 のコピー
  • IMG_4833 のコピー
  • IMG_4812 のコピー
  • IMG_4803 のコピー
  • IMG_4954 のコピー
  • IMG_5025 のコピー
  • rf-93 のコピー

展覧会概要

タイトル: 冬木遼太郎展『PRESIDENT』

会期: 2013.11/30〜12/23

時間: 平日 13:00〜20:00 / 土日祝 12:30〜20:00 (最終日17:00まで)

会場: ARTZONE

企画: 堤 拓也(ARTZONEディレクター)

京都市立芸術大学大学院で彫刻を学び、現在は絵画や映像作品、写真作品等を
分け隔てなく制作している若手作家 冬木遼太郎の個展を開催します。
「瞬間的に判断する感覚を身につけるため」「絵を描くときに起こる“変換”の
ような“圧縮”のような現象の扱い方を学ぶこと」(アーティスト・ステートメントより)
という2つの動機のもとに描き始められた絵画作品の初展示に加え、
「瞬時に判断を重ねてゆく練習(=絵画)」(同上)を経て、再び志向された立体作品も
展示します。 そのような、形式や手法、技術そのものを最終目的としない試みは、
言い換えるなら自分自身が無意識的に社会化されてゆく中で、イメージを通じて自己の
オリジナリティを保ち続けることの意思の現れと言えるでしょう。

今回は、作品展示はもちろんのこと、会期中のイベントを通じて、イメージや
態度自体を積極的にことばにしていきます。展覧会に集った人たちとともに、
冬木遼太郎の作品について思考を巡らし、そこから逆照射的に自分自身の固有の視点に
立ち戻って考えられればと思います。

 

▼関連イベント

オープニングレセプション
2013年11月30日(土) 18:00〜20:00

トークセッション「話すこと話せること話されること」
2013年12月7日(土)/ 18:00〜19:30 / 入場料:500円
冬木遼太郎(出品作家) × 堤 拓也(本展企画者) × 保坂健二朗(東京国立近代美術館主任研究員)

トークイベント「展示は机上か?」
2013年12月17日(火) / 18:00〜19:30 / 入場料:500円
スピーカー: 岸井大輔(劇作家/PLAYWORKS主宰)

 

▼冬木遼太郎 (ふゆき りょうたろう)

1984年大阪府生まれ。2008年、京都造形芸術大学 情報デザイン学科先端アートコース卒業。
2010年、京都市立芸術大学大学院 美術研究科彫刻専攻修了。主な展覧会に、
「Invasion, Lay, late result」CAP HOUSE/神戸(個展、2007年)、「Welcome」
サイギャラリー/大阪(個展、2010年)、「SAYING」 ハイネストビル/京都(個展、2011年)、
「ANTEROOM PROJECT」 ホテルアンテルーム京都(グループ展、2012年)などがある。
2010年京都市立芸術大学制作展 大学院市長賞 受賞。