artzone

Archive

KYOTOGRAPHIE関連企画『INSIDE / OUTSIDE TERRITORY』

2013.4/13〜5/6

  • IMGP2431
  • IMGP2453
  • IMGP2699
  • IMGP2624
  • IMGP2644 のコピー
  • 7bbb2513ee7b428e6d266c58a9c08c71
  • 3482cf890c3a1a911413833243550a5b
  • IMGP2467

展覧会概要

タイトル: KYOTOGRAPHIE関連企画『INSIDE / OUTSIDE TERRITORY』

会期: 2013.4/13〜5/6

時間: 平日 13:00〜20:00 / 土日祝 12:30〜20:00

会場: ARTZONE

企画: KYOTOGRAPHIE & ARTZONE

▼アルルー京都:新たなパートナーシップに向けて

“inside/outside TERRITORY”(内/外–テリトリー)展は、今年度より始まる、
フランス国立高等写真学校(École Nationale Supérieure de la Photographie)
と京都造形芸術大学美術工芸学科との国際交流パートナーシップのスタート展として
開催されます。

2011年、当学科内に新設された「現代美術・写真コース」は、世界のアート・シーンと
リンクするネットワークづくりに力を入れており、ヨーロッパやアメリカ、アジアの
先進的な美術大学との交流・提携を進めています。フランス国立高等写真学校との
交流は学生の交換留学を基本とし、2013年秋から双方の学生が京都と南フランスの
アルルに滞在し、現地の学生と交流しながら制作を行います。制作の結果はそれぞれが
持つギャラリースペースで展示発表し、将来的には共同カタログの制作や教員の交流も
計画しています。

伝統と経験においては比較にならないものの、フランス国立高等写真学校と京都造形芸術大学
「現代美術・写真コース」は学生数約80名という家族的な規模において、また独自の
開かれた写真へのアプローチにおいて、共通点が少なからずあります。それは2世紀近い
歴史を持つ近代の文化としての写真を深く学びながらも、それにとらわれることなく
現代美術や映像表現全般に関心を持ち、さらに美術作家に限らず学芸員や研究者、教育者の
育成も視野に入れたカリキュラムを特色としていることです。

2012年夏に卒業したばかりのアルルの学生7名の作品展を、本学の芸術表現・アート
プロデュース学科が運営するギャラリースペース「ARTZONE」で開催することは、
新しい冒険のための第1歩として意義深い試みとなるはずです。

京都造形芸術大学美術工芸学科
現代美術・写真コース
小野 規



▼Inside / outside TERRITORY

この展覧会は、アルル国立高等写真学校(ENSP)2012年度卒業生から選ばれた
7人の作品を紹介します。 これらの作品は、本校で学ぶことによって培われた
力強さを内に秘めていると同時に、アートや写真、映像とその未来について考えて
いくための新たな手がかりと方法を提示しています。 視線の独自性は、ENSPの
教育が目指しているものです。 教授陣は、学生が様々な表現方法に対する知識と
関心を段階的に高めていけるよう、また限りなくある表現の可能性の中から各自が
自分の進むべき方向を見つけられるよう、学生を導き、支えています。この展覧会は、
そうして培われた作家性から生まれ出たばかりの作品のパノラマだといえるでしょう。
本校の教授で、アーティストでもあるクリスチャン・ミロヴァノフは言っています。
「学生の作品が多様であることは驚くに値しません。 ENSPの教育が目指すのは、
学生の独自性であり、一定の型に押し込めることではないからです。 学生の数だけ
独立した個があります。 しかし彼らの間には共通するものもあるのです。」
本展の学生たちは、私的なあるいは地政学的なテリトリー(領域)としての世界を
見つめ、問いかけていく、新しい世代の写真家を代表しています。
表現のジャンルにとらわれることなく、各自がそれぞれのやりかたで、テリトリー
(領域)とその境界、風景とその変容、フィクションとドキュメンタリー、日常生活の
劇場化、神話あるいは空想の風景の再構築、といった重要なテーマに取り組んで
います。 そこにはまた、写真や映像への強い関心、表現媒体としての写真と
その造形性についての問いかけ、さらには展示のスタイルや方法に関する新しい
試みなども読み取ることができます。
ここで使われている表現の方法は多様でありながら、同時にある種のまとまりを
感じることができると思います。 それは写真という名の家族の一員であることへの
確信から来ているのでしょうか。


▼出展作家
Sylvain Couzinet-Jacques & Romain Baujard & Emilie Traverse &
Mouna Saboni & Erika Paoletti & Andrés Donadio & Marie Sommer


▼KYOTOGRAPHIE 関連トークイベント
「KYOTOGRAPHIEとINSIDE / OUTSIDETERRITORY」
日程:2013年4月28日(日) 19:00〜
ゲスト:仲西祐介(KYOTOGRAPHIE 企画/代表)、
小野 規(写真家・京都造形芸術大学教授)、
竹内万里子(写真批評家・京都造形芸術大学准教授)
主催:ARTZONE


写真=早瀬道生(京都造形芸術大学美術工芸学科 写真コース3回生)