artzone

News & Report

クローズと今後の活動について

2019.02/10

ARTOZONE(アートゾーン)は、京都造形芸術大学が運営するオルタナティヴ・スペースとして2004 年より様々な活動をおこなってまいりましたが、この度、大学の施設再編に伴い、本年3月をもってその活動に幕を下ろすこととなりました。これまでご来場いただいた皆様、ご支援・ご協力いただいた皆様に心より御礼申し上げます。

学生が中心となって運営するスペースとして、未熟ながらも実験的な企画やイベントを通して社会に問題提起をおこない、アートの魅力や意義を社会に発信し、人々が交流する場所をプロデュースしてまいりました。「河原町三条のARTZONE」という特定のスペースは3月をもちましてクローズいたしますが、京都造形芸術大学アートプロデュース学科では今後もARTZONEの理念を引き継ぎ、様々な場所で展覧会や企画を通してアートが生まれる場をプロデュースする「ARTZONEという活動」を続けてまいります。今後とも変わらぬご支援、ご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

京都造形芸術大学アートプロデュース学科

学科長 伊達隆洋