artzone

Exhibition & Event

カーク・コナー個展「Survival Blanket」

2016.9/30(金)~10/10(月)

  • ARTZONEWEB(大)
展覧会概要

タイトル: カーク・コナー個展「Survival Blanket」

会期: 2016.9/30(金)~10/10(月)

時間: 平日 13:00-20:00/土日祝 12:30-20:00  ※10/1のみ22:00まで

会場: ARTZONE

企画: 京都市 & アンスティチュ・フランセ関西with ARTZONE

デザイナーでありアーティストでもあるカーク・コナーの初個展。
「ひとりの作家として自らを包み隠したいと思うと同じくらい曝け出したい」という言葉の通り、カークは自作について自伝であると同時につながりの要請であると考えています。
サバイバル・ブランケットとは、緊急時や過酷なアウトドアで用いられるアルミでコーティングされたシートで、周囲の環境を鏡面のように映しだすと同時に、外部の脅威から身を守るバリアとしても機能します。
脅威とは寒さや風雨かもしれませんし、あるいは家族や愛なのかもしれません。
本展では展示とトークを通じて「安全」について考えていきたいと思います。


Survival Blanket is the first solo exhibition of designer and artist Connor Kirk.
"As an artist I want to reveal myself through my work equally as much as I want to conceal myself."says Kirk who sees his work in this exhibition as being both autobiographical as well as an appeal for connection.
A survival blanket is an aluminum coated sheet normally used in emergency situations or in harsh outdoor conditions. Its reflective surface mirrors its surroundings while also functioning as a barrier to outside threats.
Whether the threat is cold and rain, or family and love, Survival Blanket is an exhibition about safety.

l  ニュイ・ブランシュ KYOTO2016
「ニュイ・ブランシュ(白夜祭)」は、パリ市が毎秋行う一夜限りの現代アートの祭典です。
パリの姉妹都市・京都では、今年も日仏の現代アートを楽しめる「ニュイ・ブランシュ KYOTO」を市内各所で開催。パフォーマンスや展示、プロジェクション・マッピングなど、多彩なプログラムを夜間、無料でご覧いただけます。
「現代アート×伝統工芸」をDNAとして継承しつつ、今年のニュイ・ブランシュがテーマとするのは「デザイン」。さらに、開催6年目にして初めて、パリのニュイ・ブランシュと連携したプログラムを、二条城を中心にお届けします。
ニュイ・ブランシュKYOTOでしか体験できない、夜のアート散策をお楽しみに!


l  関連イベント 10/1 18:00〜 アーティスト・トーク


l  主催:京都市 & アンスティチュ・フランセ関西with ARTZONE


l  スタッフ: 上野桃花 (Momoka Ueno) 中野亜美 (Ami Nakano)


Location: ARTZONE
Dates: 9/30/16 to 10/10/16
Hours: Weekdays 13:00 to 20:00, Sat., Sun. 12:30 to 20:00
※open until 22:00 on 10/1
Opening reception/artist talk on 10/1 from 18:00

Organized by Kyoto City and the Institut français du Japon-Kansai
Address: Kyoto-shi, Nakagyo-ku, Kawaramachi Sanjo sagaru, Hitosujime, Higashi-hairu, Daikoku-cho 44, VOX building 1F 2F
TEL: 075 212 9676
email: info@artzone.jp
Staff: Momoka Ueno, Ami Nakano