artzone

Archive

ばばりか展『妄想ハラッパ』

2014.3/15〜4/6

  • babarika
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7

展覧会概要

タイトル: ばばりか展『妄想ハラッパ』

会期: 2014.3/15〜4/6

時間: 平日 13:00〜20:00 / 土日祝 12:30〜20:00

会場: ARTZONE

企画: 松尾若葉(京都造形芸術大学 アートプロデュース学科2回生)

▼About the exhibition

ばばりか(1983-)は、京都精華大学洋画専攻を卒業後、東北の山形に移住し、近年では京都を拠点に戻して制作を続けてきました。彼女は安価な生活消費材(シャワーボールやストロー、プラスチックスプーン、ビーズなど)を素材として生物をおもわせる有機的なオブジェを作り、それらを空間全体に配置したインスタレーション作品を発表しています。

オブジェはモビール式に宙に浮かび、空間は未知の惑星におりたったような生命のパワーに満ちています。そのユニークかつ不気味、そして神秘的な世界観は、みるものを異次元へと誘います。ばばりかが作品をつくる行為には、民族学的視点が大きな影響を与えています。日常の消費材をアートに転用するブリコラージュ的手法は、異なる現象や物事が共生するための抜け道なのかもしれません。

本個展『妄想ハラッパ』では、ARTZONEの1階と2階を使い、新作のインスタレーションとドローイングを展示予定です。

また展覧会期間中には関連企画イベントの開催、アクセサリーを中心とした手作り雑貨のセレクトショップ『花のサーカス』を同時オープンいたします。たくさんのご来場を心よりお待ちしております。

 

▼Event《クロージングイベント》

vol.1「妄想ハラッパ × ノメメノ―遠くの春をひきつれる」 入場無料
2014年4月5日(土) 13:00〜18:00

パフォーマンスユニット・ノメメノが『妄想ハラッパ』会場の中を踊ったり隠れたり、一日滞在。ふたりがひそむ気配と空間を、作品と共にお楽しみください。

 

vol.2 トーク「みんぱくに行ったところからはじまる話」 入場料 : 300円
2014年4月6日(日) 16:00〜17:30 (クロージングパーティ 18:00〜)

服部滋樹(graf 代表) × ばばりか(本展作家) × 山下里加(アートジャーナリスト、京都造形芸術大学アートプロデュース学科准教授)

「みんぱく(国立民族学博物館)」を皮切りに、プリミティブなものづくりの思想をゲストの服部滋樹さん、山下里加さんと共に探求していきます。

 

▼Link

展覧会とショップ twitter 公式アカウント  @harappahana

ノメメノ、展示+パフォーマンス撮影 videoリンク http://youtu.be/pbDy4o_Q8G8

 

▼Staff

主催: ARTZONE
企画: 松尾若葉(京都造形芸術大学 アートプロデュース学科2回生)
ショップディレクション: 西口瑞穂(同2回生)
宣伝美術: 山田卓矢
写真: 吉本和樹