artzone

Archive

岸井大輔個展『戯曲は作品である』 KISHII Daisuke “The play is the work”

2015.6/13sat.〜7/5sun.

  • 150518_banner-03

展覧会概要

タイトル: 岸井大輔個展『戯曲は作品である』 KISHII Daisuke “The play is the work”

会期: 2015.6/13sat.〜7/5sun.

時間: 平日 13:00〜19:00/土日祝 12:30〜19:00(毎日19:30〜 岸井戯曲の上演あり)

会場: ARTZONE

企画: ARTZONE

○アウトライン
タイトル: 岸井大輔個展「戯曲は作品である」 KISHII Daisuke “The play is the work”
アーティスト: 岸井大輔(劇作家)
会期: 2015年6月13日(土)〜7月5日(日)
時間: 平日 13:00〜19:00/土日祝 12:30〜19:00(毎日19:30〜 岸井戯曲の上演あり)
会場: ARTZONE(アートゾーン)

 

○はじめに
私の作品の前提は「人間は演じている。職場で学校で道で家庭で、あらゆる場所であらゆる瞬間に」です。その上で、演技や演劇を生み出すモノを戯曲と呼んでいます。私たち現代劇作家は、戯曲を創造するのが仕事です。新たな可能性を提示し、それが上演されることで世界そのものが更新される可能性に賭ける。
今、私たちは、ばらばらに生きている。しかし、ある日、はるかの過去に同じ戯曲の上で出会っていたことを発見するかもしれません。その日まであるために、戯曲は独立した作品であることが求められているのです。(岸井大輔)

 

○関連イベント(連日19:30より開始)
本展期間中、岸井大輔の戯曲を使用した上演やトーク・レクチャーを開催します。 詳細は、ARTZONEウェブサイト、およびARTZONEのSNSで随時告知いたします。
twitter    facebook

時間 | 19:15=開場、19:30=開演
※終了時刻は演目によって異なります。
※19:00以降は上演やトーク・レクチャー開催のため、展示はご覧になれません。

料金 | 一日券=各項目に記載(1,000円—1,500円) 全日通し券=5,000円

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
●オープニング・パーティ
2015年6月13日(土) 15:00— | 無料
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
●レクチャー→演劇に興味がある演劇人以外のアーティストのための基礎戯曲講座1
「ロミオとジュリエットは上演可能なのか」
2015年6月13日(土) 19:30— | 講師: 岸井大輔 | 1,000円 | 参加条件: シェイクスピア『ロミオとジュリエット』を読んでくる
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
●上演 & トーク→「『油彩画家のための戯曲』からかかれたもの」
2015年6月14日(日) 19:30— | ゲスト:梅津庸一(美術家)、販売演出: 澄井 葵、油画: 安藤裕美(パープルーム予備校研究生) 、演劇: 渡辺美帆子(二十二会)ほか | 1,500円
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
●トーク→「社会や生活の中で可能性を試しながら生きてみている」
2015年6月15日(月) 19:30— | ゲスト: 陸奥 賢(観光家・社会実験者)、鈴木一郎太(株式会社大と小とレフ) | 1,000円
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
●レクチャー→演劇に興味がある演劇人以外のアーティストのための基礎戯曲講座2
「ロミオとジュリエットは上演可能だった」
2015年6月16日(火) 19:30— | 講師: 岸井大輔 | 1,000円 | 参加条件: 基礎戯曲講座1の受講
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
●トーク→「劇作家は作家なのか」
2015年6月17日(水) 19:30— | ゲスト: 柴 幸男(劇作家・ままごと主宰) | 1,000円
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
●トーク→「戯曲は作品なのか」
2015年6月18日(木) 19:30— | ゲスト: 黒瀬陽平 | 1,000円
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
●レクチャー→演劇に興味がある演劇人以外のアーティストのための基礎戯曲講座3
「イプセンは正気か」
2015年6月19日(金) 19:30— | 講師: 岸井大輔 | 1,000円 | 参加条件:イプセン『野がも』を読んでくる
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
●上演→『遠く』
2015年6月20日(土)、21日(日) 19:30— | 演出: 羽鳥嘉郎 | 1,500円
※R20。空腹でのご来場はお勧めしません。

▼羽鳥嘉郎
1989年ブリュッセル生まれ。演出家、けのび。2012年『演出集 しかしグッズ』刊行。京都国際舞台芸術祭 KYOTO EXPERIMENT「使えるプログラム」ディレクター。国際舞台芸術ミーティング in 横浜 アシスタント・ディレクター。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
●レクチャー→演劇に興味がある演劇人以外のアーティストのための基礎戯曲講座4
「ブレヒトは現実と対峙する。 最大射程で」
2015年6月22日(月) 19:30— | 講師: 岸井大輔 | 1,000円 | 参加条件:ブレヒト『ガリレイの生涯』を読んでくる
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
●トーク→「場は演劇なのか? ARTZONEから考える」
2015年6月23日(火) 19:30— | ゲスト: 伊藤 悠(islandJAPAN代表)| 1,000円
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
●上演→ポロポロ 〜戯曲『記憶の再生』を巡る〜
2015年6月24日(水)、25日(木)、28日(日) 16:00—18:00 インタビュー(予約制)、19:30— 開始 | 構成・演出: 伊藤拓也、 出演: 西岡樹里、新田あけみ、前田愛美 | 各日1,500円
※記憶のインタビューでは、お客様自身の記憶のインタビューを行います。インタビューを希望される方は、事前予約をお願い致します。尚、インタビューは公開されます。連絡先→takutaku.f@gmail.com

▼伊藤拓也
1980年生。大阪府吹田市在住。「味覚鍛錬の会」、「演劇概論を読む」、「平日は妻と英語」などの自主企画を手の届く範囲で行い、劇の在り処を探る。2015年、5年ぶりに手がけた演劇作品『もっと見ろ、事も無げに』は、38の質問と1つのお願い事で構成された舞台。最近は、南向きのベランダにて樽状樹の育成を楽しむ。

▼西岡樹里
兵庫県在住。ダンサー・振付家。砂連尾理、村越直子、Stephen Mosblech、平原慎太郎、升田学などの作品にダンサーとして参加。また自身振付作品の制作の他、音楽家や現代書家、新舞踊の先生、山や川が好きな人、絵を書く事が好きな人など色々な方との共同作業からダンス作品やパフォーマンスを制作。〈国内ダンス留学@神戸〉1期生。神戸や明石にて発達障害などを持つ青年や子供とのダンスクラスを担当。

▼新田あけみ
京都市出身。高校、大学時に演劇活動をしていたが、結婚・子育てにより演劇から一時離れる。関西に戻り、子育てが一段落したころから俳優活動を再開。これまでの主な出演作品に、京都芸術センター演劇計画2006・2007『ノーバディー』『生きてるものはいないのか』、France_pan『ありきたりな生活』、烏丸ストロークロック『八月、鳩は還るか』、京都舞台芸術協会プロデュース『建築家M』、下鴨車窓『煙の塔』、dots「アルター」などがある。また2014年、パナマ世界映画祭とプエルトリコ世界映画祭にて最優秀主演女優賞を受賞。

▼前田愛美
昭和62年生まれ。福井県出身。大学より演劇を始め、同志との劇団、tabula=rasaの立ち上げに参加。高田ひとし演出のもと、役者、時にテキストを務める。解散後も演劇を続けている。主な出演に村川拓也、市川タロ、伊藤拓也、司辻有香らの作品がある。近年は自作品も作る。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
●朗読→『六本木ヒルズを守る一族』ほか
2015年6月26日(金) 19:30— | 出演: 吉野正哲(マイアミ) | 1,500円

▼吉野正哲
90年代後半から東京で表現活動を始める。人が集まり表現することで生まれる、一過性および即興的な「発語イベント」を企画。2002年より京都に拠点を移し、主にオルタナティブスペースで、詩と音楽を用いた即興パフォーマンスを行う。2003年より、岐阜県高山市飛騨数河で夏期開催される「高山建築学校」に参加。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
●ライブ→「桜木氷取」ほか
2015年6月27日(土) 19:30— | 出演: MOGURA KAGURA & 大蔵キエ | 1,500円

▼高安美帆
俳優(エイチエムピー・シアターカンパニー)、振付家(takayasu kagura)、<声なき声、いたるところにかかわりの声、そして私の声>芸術祭Ⅲ「伝統芸術の現代化」受講生企画担当。2011年ベルリン演劇祭・国際フォーラムに参加。2012年~takayasu kaguraとして国内外でパフォーマンスを発表。2014年ギーセン大学応用演劇学科客員教授を務め作品制作を行った。今回は、音楽家の吉岡一造氏と新たにバンドを結成し参加予定。MOGURA KAGURA(アナ・ホリゾー、モグラタカシ、五代目ムグラモチコ、北村将吾ほか)。

▼大蔵キエ(三味線漫談)
下手な三味線をペンペンペン~
オンチな歌をキュルキュルル~
雑草から野良猫までみんなが楽しめる歌をめざし日々放浪の旅~
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
●上演→『メイド喫茶の条件』
2015年6月29日(月)、30日(火) 19:30— | 出演: 二十二会(渡辺美帆子+遠藤麻衣)、演出: 谷 竜一(集団:歩行訓練) | 各日1,500円

▼渡辺美帆子
演劇作家。1987年生。演劇は世間を表象すると信じ、まずは観客席を見つめる活 動をしている。人混みの中で無意識的に起きている人々の営為を、 ときに シャープに、ときに鈍くさく演劇化する。また、あえて演劇化することで生じる その場にいる人々の自意識を作品の要素としている。趣味はカラオケ。

▼遠藤麻衣
俳優・美術家。演技にまつわることをしています。近作にSOLO SHOW「アイ・ア ム・フェミニスト!」(コーディネート:河口遥/ギャラリーバルコ)、「例え ば朝9時には誰がルーム51の角を曲がってくるかを知って いたとする」(演出: 鈴木一郎太、大東翼、西尾佳織/ふじのくにせかい演劇祭2015)、「台本」 (作:高松次郎、演出:神里雄大/東京国立近代 美術館)など。

▼谷 竜一
詩人、演劇作家、舞台芸術ユニット「集団:歩行訓練」代表。集団:歩行訓練では 主として構成・演出・テクストを担当。近作に『常識のコレクショ ン』 (2014~)、『ゲームの終わり』(作:S.beckett, 2013, 「岩戸山のコックピッ ト」参加作品)、『不変の価値』(2012, F/T12公募プログラム他) 等。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
●レクチャー→演劇に興味がある演劇人以外のアーティストのための基礎戯曲講座5
「ギリシャは命を問う」
2015年7月1日(水) 19:30— | 講師: 岸井大輔 | 1,000円 | 参加条件:アイスキュロス『供儀する女たち』もしくはソフォクレス『エレクトラ』もしくはエウリピデス『エレクトラ』を読んでくる
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
●上演→始末をかく1 『芭蕉を植える』
2015年7月2日(木)、3日(金) 19:30— | 出演: 始末をかくプロジェクトメンバー(遠藤麻衣、、橋本 匠)、ノヤネ | 各日1,500円

▼始末をかく
2014年から2018年までかけ、劇作家岸井大輔を中心に進めている演劇創作のための調査と実演のプロジェクト。始末とは始まりと終わりのことで、掃除や整頓など「始末をつける」ことに日本の「始末を書く、描く」芸術の根幹をみつつ、しかし同時にそれは、始まりも終わりもない「始末を欠く」永遠輪廻の時間感覚の上にのってこそ可能であっただろうと考え、「始末を欠く現状で、いかにして始末を書くことや描くことができるか」探求している。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
●上演→始末をかく2 『こころをよむ』
2015年7月4日(土)、5日(日) 19:30— | 出演: 始末をかくプロジェクトメンバー(遠藤麻衣、田上 碧、武久絵里、橋本 匠、福澤香織) | 各日1,500円
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
※内容は予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。

 

○プロフィール
岸井大輔(きしいだいすけ)、劇作家。
1995年より、他ジャンルで追求された創作方法による形式化が演劇でも可能かを問う作品を制作している。代表作『P』『POTALIVE』『文(かきことば)』『東京の条件』。
1970年11月生。
最初の記憶から人形劇をしている。小学校ではままごとと学級会演劇に明け暮れる。
1982年開成中学入学。演劇部で小劇場と諸現代芸術を見ながら、演劇だけが近代芸術であることに疑問をもつ。
1989年早稲田大学第一文学部入学。1995年に演劇以外の芸術ジャンルは、そのジャンルを定義することでジャンルそのものを問い直した先達が現代芸術を創った(美術におけるバウハウス・デュシャン、音楽におけるシェーンベルク・ケージ・シェーファー、ダンスにおけるラバン・フォーサイスのような)が、演劇にはいないことが、演劇が近代芸術である原因だと確信する。あるいは芸術におけるモダニズムの完遂を「創作方法によるジャンルの形式化」と捉え、われわれの世代の演劇人の歴史的役割はこの問題と向き合うことだろうと考え、創作の指針とする。
1995年から、スタニスラフスキー・システムなどの演劇創作の方法論を形式と捉え、演劇概念を拡張する試行を開始。記憶の再生が演技を生み出す事そのものを演劇と見なすプロジェクト『記憶の再生』、判断を全てサイコロに委ねる演劇『P』などを発表。その過程で、演劇を「人間の集団を素材とする」と定義。人間集団として、「まち」を捉え、まちが表現する状況を設定する作品群『POTALIVE』、人間集団へ出入りする場を演劇として提示するシリーズ『LOBBY』、集団が良い劇を創作する方法の一つを形式化したワークショップのシリーズ『作品を創る/演劇を創る』、日本集団を日本語を通して捉えるプロジェクト『文(かきことば)』などがある。
2009年から2012年には、東京における公共を考えるために、ハンナアーレントの『人間の条件』を戯曲と見なし都内で上演するプロジェクト『東京の条件』実施。「会議体/準備室」などの諸プロジェクトを通し、人間集団を創る作品を手掛ける。
2013年上演を「人間集団を美的に捉えそれに立ち会うこと」と定義し、上演など仮の表現と戯曲などの物との関係と倫理を調査・試演している。

 

○クレジット
主催: 京都造形芸術大学 ARTZONE
協力: 京都造形芸術大学 アートプロデュース学科
キュレーター: 堤 拓也
アシスタント: 鈴木美夏(京都造形芸術大学 アートプロデュース学科4回生)、荒川莉佳子(同4回生)、石山浩美佳(同2回生)、宮崎祐奈(同2回生)

↓DMデータ