artzone

Archive

ULTRA AWARD 2014 Exhibition —渇いているのは誰だ?—

2014.10/11〜11/3

  • zzz_UA14_Web_02
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

展覧会概要

タイトル: ULTRA AWARD 2014 Exhibition —渇いているのは誰だ?—

会期: 2014.10/11〜11/3

時間: 平日 13:00〜20:00 / 土日祝 12:30〜20:00

会場: ARTZONE

企画: ULTRA FACTORY & ARTZONE

▼概要
この度、京都・河原町三条のARTZONEでは京都造形芸術大学・ウルトラファクトリー主催による、「ULTRA AWARD 2014 Exhibition−渇いているのは誰だ?−」を開催します。
「ULTRA AWARD」とは、京都造形大学学内生および卒業生(卒業2年以内)を対象とした次代を担う新たな才能の発掘と育成、世界で活躍できるウルトラアーティストの輩出を目的としたコンペティションです。
10月には、7月から約3ヶ月の制作期間を経て完成する、アワード選抜者5名の最新作品が京都・三条ARTZONEにて披露されます。10月26日(日)に行われる公開審査会では、本アワードの最優秀賞も決定致します。次代の若きULTRAアーティスト誕生の瞬間をどうぞお見逃しなく!

—渇いているのは誰だ?— とは
それは、誰のところにも、突然やってくる。日常の中の些細な疑問と少しの未知を知りたい、聞きたい、見たい、わかりたいという衝動。伝えたい、共感したいという欲望。満たされたいと願う“渇き”。
ULTRA AWARD 2014では、5名の作家の“渇き”が作品となって、私たちの日常に姿を表している。
めまい二襲われた際におこる身体と空間知覚のズレを手掛かりに、私たちの意識と身体の繋がりを再認識する場を提示する田辺真弓。目で「みる」こと、脳で「みえる」ことの差異を追求する菊池のえる。母国の現状を強烈な風刺精神で見せつける張瀚元。死と忘却を恐れるがゆえに記憶に固執し、日常の記憶としての作品を展開する平松実紗。ケモノへの変身願望から、ケモノになるための「第二の母」を生み出すことを試みる堀本達矢。
彼らの作品は、非日常の産物のようだ。しかし出発点は、いずれも彼らが日常生活やありふれた経験で得た疑問と未知、それを追い求めたいという衝動である。それは私たちにも、突然やってくるものなのだ。
衝動が作品となったとき、彼らの“渇き”は満たされたのだろうか?
5つの異なる欲望を目の前にしたとき、私たちも己の“渇き”に気づくのかもしれない。
さて、この展覧会において本当に渇いているのは誰だ?

藤本悠里子
(芸術表現・アートプロデュース学科2回生)

 

▼出展作家
菊池のえる(3回生/美術工芸学科・現代美術コース
)
田辺真弓(2013年度卒業生/大学院・芸術専攻)
張 瀚元 (大学院1回生/美術表現専攻
)
平松実紗(2013年度卒業生/美術工芸学科・総合造形ゼミ)
堀本達矢(3回生/美術工芸学科・総合造形コース)

 

▼関連企画
■オープニングレセプション
日時:10月10日(金) 18:00~19:30

■

ULTRA AWARD 2014 長谷川裕子審査会&トークイベント
日時:10月19日(日) 16:30〜
※プレスリリース、一部フライヤーにて誤った開始時刻が記載されております。
正しくは16:30〜トークイベント、18:30〜長谷川祐子審査会が開催されます。

■ULTRA AWARD 2014公開審査会
日時: 10月26日(日) 17:00~
審査員: 浅田 彰/遠藤水城/後藤繁雄/椿 昇/やなぎみわ

ULTRA AWARD 2014DOCUMENT presented by ULTRA FACTORY + ARTZONE 
http://ultraaward2014.tumblr.com

 

写真=守屋友樹