artzone

Archive

movements —京都造形芸術大学大学院・アートゾーン・9月—

2014.9/2〜29(close 9/10〜12, 19, 20)

  • movements_L

展覧会概要

タイトル: movements —京都造形芸術大学大学院・アートゾーン・9月—

会期: 2014.9/2〜29(close 9/10〜12, 19, 20)

時間: 平日 13:00〜20:00 / 土日祝 12:30〜20:00

会場: ARTZONE

企画: 京都造形芸術大学 大学院 

『movements  —京都造形芸術大学大学院・アートゾーン・9月—」は、

1.院生企画の展覧会、
2.領域を横断する院生の捜業における課題制作展、
3.日頃の大学のアトリエでの制作、研究の現場をアートゾーンに移して、そのプロセスを公開するオープンスタジオ、の3つのプログラムにより9月の1ヶ月間、京都造形芸術大学大学院の現在の様子をアートゾーンの空間に展開するプロジェク卜です。

 

▼概要 & スケジュール
1st movement
態度がかたちになる時 —今西真也+能條雅由
2014年9月2日(火)〜9日(火)
平日13:00~20:00/土日12:30~20:00(最終日17:00まで)

今西真也、能俸雅由による 2人展。
大学院修士課程 芸術表現専攻ペインティング領域 2 回全の人による平面作品を中心とした展覧会。思考を経て生まれる “態度”を作品を通して表現する。

 

2nd movement
about senses —修士課程芸術表現特論Ⅷ課題制作展—
2014年9月13日(土)〜18日(木)
平日13:00~20:00/土日祝12:30~20:00
※9月15日 公開合評 14:00〜18:00

河口龍夫、名和晃平、藤本由紀夫担当の修士課程「芸術表現特論Ⅷ」受講生による展覧会
「感覚」「五感」をテーマに個人制作をするという課題に対して、1ヶ月をかけて制作された作品がアートゾーンに展開される。

 

3rd movement
studying —大学院オープンスタジオ—
竹沢佑真(博士課程2年)、柴田彩芳(修士課程2年)、小山ナットコリー(修士課程1年)、鈴木大義(修士課程1年)
2014年9月21日(日)〜29日(月)
平日13:00~20:00/土日祝12:30~20:00

博士課程、修士課程で学ぶ大学院生が、この期間アートゾーンで制作、研究を行う。それぞれ分野の異なる院生が日頃の制作、研究のプロセスを公開する。
竹沢佑真(博士課程2年)、柴田彩芳(修士課程2年)、小山ナットコリー(修士課程1年)、鈴木大義(修士課程1年)の学年、専門分野の異なる院生が同じ空間で、日頃の研究・制作を繰り広げることにより、お互いに刺激しあい、問題を共有する。

 

▼問い合わせ
京都造形芸術大学大学院
tel:075-791-9122