artzone

Archive

山下さんち展 関連イベント 『「山下さんちの資料(アーカイブ)を持って帰る」展で90年代をふりかえる。』

2014.8/23

  • web-6_670-1
  • IMG_5460 のコピー
  • IMG_5465 のコピー
  • IMG_5469 のコピー
  • IMG_5472 のコピー
  • IMG_5471 のコピー
  • IMG_5473 のコピー

展覧会概要

タイトル: 山下さんち展 関連イベント 『「山下さんちの資料(アーカイブ)を持って帰る」展で90年代をふりかえる。』

会期: 2014.8/23

時間: 15:00〜

会場: ARTZONE

企画: 山下さんちの資料を持って帰る 関連企画

▼アウトライン
『「山下さんちの資料(アーカイブ)を持って帰る」展で90年代をふりかえる。』
8月23日(土)15:00〜
ゲスト:中西勝彦、ブブ・ド・ラ・マドレーヌ、山田創平
進行:山下里加(本展企画者)

ARTZONEでは、90年代に美術ライターとして活動していた山下里加が当時集めていた展覧会チラシやDM、フリーペーパー、雑誌、新聞の切り抜きなどを展示し、自由にコピーしてもって帰れるという展覧会を開催します。
そこで、ゲストのみなさんと一緒に、それぞれの90年代をシェアする場をつくってみたいと思います。

1)90年代の記憶がある方は、ご自身にとって印象深い90年代の「資料」をお持ちください。90年代に記憶がない方は手ぶらで結構です。

2)当日の前半は、展示中の資料とも合わせて、ひとりひとりの90年代を語るコピー本をつくります。

3)後半は、その本を見ながら個人の90年代をみんなでシェアできればと思います。

美術史などの「大きな歴史」に残るようなモノゴトではなくても、個人にとって大事な出来事からなる「小さな歴史」をネットワーク化することで、私たちにとっての身体に染みる歴史を持てるんじゃないか、という実験です。