artzone

Exhibition & Event

西尾美也 個展「纏わり着く」

2017年4月29日(土) – 5月7日(日) 

  • ARTZONEWEB(大)
  • 感覚の学校
  • 感覚の学校2
  • 試着室
展覧会概要

タイトル: 西尾美也 個展「纏わり着く」

会期: 2017年4月29日(土) – 5月7日(日) 

時間: 平日13:00 - 20:00/土日祝12:30 - 20:00

会場: ARTZONE

企画: 京都造形芸術大学 ARTZONE

ARTZONEでは、装うという行為から生じるコミュニケーションの在り方をテーマに活動を展開する美術家・西尾美也の個展「纏わり着く」を開催します。西尾は、今年の2月末から3月頭にかけて開催された「ソーシャリー・エンゲイジド・アート展」(アーツ千代田3331)において、プロジェクト《Self Select: Migrants in Tokyo》を実施しました。このプロジェクトは、東京に暮らす移民4名が、東京の街中で見ず知らずの日本人と衣服を交換し、その経験をもとに自分のための新しい服を作るというものでした。本展では、このプロジェクトの成果の全貌をはじめて紹介するとともに、かつて実際に使用されていた学生服を使った新作《感覚の学校》を展示します。
私たちは普段、当たり前のように衣服を選び、衣服に身を包みながら生活を行っています。その衣服は自分で選びとったものであるとしばしば思い込んでしまいがちです。しかし、本当に「自分ひとり」で選んでいるのでしょうか。人はこの世に生まれた瞬間から生涯を終えるまで、絶えず周囲の人々と関わりあい、そこから何かを選びとり続けています。たとえ無意識であっても、情報や経験、他者の意見や思考を身に纏い選択を行っているのです。衣服を選択する場合も例外ではありません。
本展のタイトル「纏わり着く」は、人々の身体に纏わりついて離れない記憶や体温までも身に着ける感覚を表しています。衣服という具体的な物の交換によって「私」を脱ぎさり「他人」を纏う西尾の実践は、衣服を着ることの自明性を問い、「私」と「他人」の境界を揺さぶります。本展は、衣服に身を包むという私たちにとって当たり前の行為を見つめ直す機会となるでしょう。

 

西尾美也|NISHIO Yoshinari
1982年奈良県生まれ。同県在住。東京藝術大学大学院博士後期課程修了。博士(美術)。文化庁芸術家在外研修員(ケニア共和国ナイロビ)などを経て、現在、奈良県立大学地域創造学部専任講師。装いの行為とコミュニケーションの関係性に着目し、市民や学生との協働によるプロジェクトを国内外で展開。アフリカと日本をつなぐアートプロジェクトの企画・運営のほか、ファッションブランド「FORM ON WORDS」も手がける。主な個展に「間を縫う」(3331ギャラリー、2011年)など。近年の主なグループ展に「拡張するファッション」(水戸芸術館、2014年)、「服の記憶」(アーツ前橋、2014年)、「あいちトリエンナーレ2016」、「さいたまトリエンナーレ2016」などがある。

 

会期:2017年4月29日(土) – 5月7日(日)  会期中無休
時間:平日 13:00 – 20:00/土日祝 12:30 – 20:00
会場:ARTZONE
主催:京都造形芸術大学ARTZONE
住所:京都府京都市中京区 河原町三条下ル一筋目東入ル大黒町44 VOXビル1・2F
入場料:無料
協力:京都造形芸術大学アートプロデュース学科、奈良県立大学
企画:尾上伊津季、荻島銀河、川名佑実、齋藤智美、髙想、中川恵理子、中野亜美、平下弥優、屋宜初音(京都造形芸術大学アートプロデュース学科)
西元里佳子、松下千尋(奈良県立大学地域創造学部西尾研究室)
伊東宣明
デザイン:OMD